代表紹介

写真

 

ささら知財事務所 所長

  弁理士 小石川 由紀乃 

 

 大学で神経生理学や心理学を専攻し、百貨店の書籍部門での勤務などを経て知財の世界に足を踏み入れた、ちょっと変わり種の弁理士です。

 

 弁理士補助者時代を含めた特許実務経験は、20年を超えました。様々な分野の特許出願の書類作成や中間処理(拒絶理由通知に対する応答手続きのこと)、審判事件、特許調査などの業務に携わるなかで、発明把握力や発明表現力を身に付けました。

  また、弁理士登録後は、様々な分野の方々との交流を深めつつ、知的財産に関する情報をわかりやすくお伝えすることに取り組んでまいりました。

 

 当事務所の名称は、ふと頭に浮かんだ「ささら」ということばに「小さい、細かい、わずかな」という意味があり、「ささやかな事業」を表すのにふさわしく、きめの細かいサービスを目指すという事業理念にもしっくりとあてはまると、運命的なものを感じて名付けたものです。

 

 「名は体を表す」と申しますとおり、ごく小さな存在でございますが、これまで経験してきたことを糧に、さらなるスキルアップをはかりながら、ぴりりと辛い山椒の実のような存在になることを目標に掲げ、精進してまいります。

 

 略歴

  ◆ 大阪大学人間科学部 卒業

     (専攻:行動生理学-脳波等の生体電位現象の研究-)

  ◆ 卒業後 西武百貨店関西 書籍部門(現・株式会社リブロ)に勤務  

  ◆ 平成2年 鈴木由充特許事務所 入所

  ◆ 平成17年 弁理士登録(登録番号14211)

  ◆ 平成24年 中小・ベンチャー企業への知財サービスを掲げた事業所

          知財サポートルームささら を開設

  ◆ 平成25年 知財サポートルームささらを弁理士事務所として登録

  ◆ 平成26年8月

     事務所名称を ささら知財事務所 に変更

     株式会社知財アシスト 代表取締役に就任

    

  ◆ その他

    大阪ベンチャー研究会 の世話人を務めています。